ファイナンシャル・プランナー・アールのこれ欲しい!ここ行きたい!を叶えるブログ

ファイナンシャル・プランナーによる旅をお得にする方法 マイル、クレジットカードなど

ロサンゼルス国際空港(LAX)のKALラウンジレポート

 

みなさんこんばんは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。

今回は、ひょんなことから行くことになった、LAXのKALラウンジのレポートをしたいと思います。

 

 

トム・ブラッドレーにあるKALラウンジ

 

LAから東京への帰りの便はデルタ航空でした。

シェラトンゲートウェイ・ロサンゼルスホテルから無料シャトルバスでLAX空港に向かい、デルタのターミナルである第2、3ターミナルで下車します。

 

 

f:id:fp-r:20190614192907j:image

 


ロサンゼルスの空港は、米系エアラインが幅を利かせていて、単独のターミナルを所有しています。

アメリカン航空ユナイテッド航空デルタ航空などが自分たちのターミナルを持っており、ANA、JALなどの外資系はトムブラッドレーといういろんな航空会社が集まるターミナルにいます。

 

搭乗予定便が遅延


第2ターミナルのデルタのカウンターでチェックインしていると、デルタのお姉さんが「東京行は、このターミナルからは出発しない、トムブラッドレーに行って」と言われました。

「へ?なんで、ここじゃなくて?」と自分の英語力を疑い、お姉さんに何度も聞く。

 


そういえば、フライトが1時間も遅延していたので、そのせいで何かあったのかもしれません。不安になりながら、トムブラッドレーに行きます…(ちなみにこんな道↓を徒歩で行きました)。

 

f:id:fp-r:20190614192940j:plain

 

 

やっぱりお姉さんは正しくて、私の乗るデルタ便はトムブラッドレーからの出発でした。

 


遅延しているので、時間がある。そして、デルタのラウンジで朝ご飯を食べるつもりだったので、極度におなかが減っている。でもトムブラッドレーにはデルタのラウンジはない…

どうすりゃいいのさ、って思ってたら閃いた。

 

スカイチームのラウンジを使えばいいのさ。

 


スカイチームのラウンジは、第2、3ターミナルにあるデルタスカイクラブと、トムブラッドレーにある大韓航空のKALラウンジしかありません。

スカイチームスカイプライオリティ、デルタのゴールドメダリオンである私は、KALラウンジを使うことができます。

 

KALラウンジに潜入


さっそく潜入

 

f:id:fp-r:20190614193020j:image


こんな感じ。受付のお姉さんも韓国人でした。

 

f:id:fp-r:20190614193039j:image


f:id:fp-r:20190614193043j:image 

お食事

 


f:id:fp-r:20190614193139j:image


f:id:fp-r:20190614193154j:image


f:id:fp-r:20190614193147j:image


f:id:fp-r:20190614193202j:image


f:id:fp-r:20190614193144j:image


f:id:fp-r:20190614193159j:image


f:id:fp-r:20190614193150j:image

ご飯たまたま数が少ないので、「おー!」とはならないかもしれないけど。

 

f:id:fp-r:20190614193244j:image

 


辛ラーメン

 


そして、このおかゆ

f:id:fp-r:20190614193315j:image

 

 

1週間以上にわたるアメリカ生活で、パンに肉が挟まったようなものや、小麦でできた固形の何かしか食べていなかった私をよみがえらせてくれたこのおかゆ…本当においしかった。

ごま油が利いていて、おなかにやさしくてたくさんおかわりしてしまいました。

 


デルタのラウンジに行っていたら、このおかゆに出会えなかったと思うと、KALラウンジでよかった…トムブラッドレーで良かった。

 

 

 

ドリンク類も豊富

 

f:id:fp-r:20190614193421j:image


f:id:fp-r:20190614193414j:image


f:id:fp-r:20190614193417j:image


f:id:fp-r:20190614193406j:image


f:id:fp-r:20190614193409j:image

 


私が行ったのは朝方でしたが、時間を追うごとに人が増えてきました。

やはり、韓国人の方が多かったですが、アメリカ人ぽい方も多くいらっしゃいました。

 


スカイチームラウンジの利用

 


今回私が乗る便が1時間も遅延をしたということで、ラウンジでゆっくりさせてもらいました。

空港のベンチって、占領されていることが多いですよね。イス4つぐらい使って寝てる外人さんとかもいるし、待たなくてはならないとき、座れないとどうしていいかわからないので、買い物などが一通り終わってしまった場合、非常に困ってしまいます。カフェやレストランにいても、食べ終わったら出ていかないと気まずいですし…。

 


そんな時に便利なのが、ラウンジです。

ラウンジは、飲み物も飲み放題、軽食やお酒もあったり、シャワーを利用できたりするので、フライト前の準備を落ち着いて整えることができる快適な空間です。

 

f:id:fp-r:20190614193039j:image


利用できるのは、通常、ファーストクラス、ビジネスクラスの乗客に加え、航空会社の上級会員です。(会社や空港によって運用は異なる場合がありますが…)

 

 

 

デルタのラウンジの場合は、同伴者1人まで無料ですので、友達や家族と2人で旅行に行く場合、1人がデルタアメックスを持っていれば、2人共エコノミーでもラウンジが使えます(羽田空港を除く)

 

 

 

デルタのゴールドメダリオンになるには

 


私がラウンジを利用できたのは、デルタのゴールドメダリオン会員になっているからです。

 

f:id:fp-r:20190614194209p:image


デルタ航空では、搭乗実績に応じて「メダリオン会員」という上級会員資格が与えられます。必要となるフライト実績はゴールドメダリオンになる場合は年間50,000マイル、1番下のシルバーメダリオンで半分の年間25,000マイルです。

他の航空会社の上級会員資格と同様に、飛行機に乗りまくらなくてはならず、時間もお金もかかります。フライト実績によるメダリオン会員資格の取得は簡単ではありません。

 


しかし、私はこのフライト実績を全く積まないままゴールドメダリオン会員になることができました。

 


実は、デルタ航空の場合、フライト実績を積まなくても、クレジットカードを持つだけでゴールドメダリオン会員資格を得ることができるのです(初年度のみ自動付与、翌年以降は条件付きで付与)。

 

f:id:fp-r:20190614194149p:image


そのクレジットカードというのが、「デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カード」です。以下、デルタアメックスゴールドで統一します。

 


ゴールドメダリオンの特典は

 


では、ゴールドメダリオンの特典についてみていきましょう。箇条書きにしました。

 

 

  • スカイチームラウンジの利用
  • コンフォートプラスへアップグレード
  • 優先チェックイン
  • 優先保安検査
  • 優先搭乗
  • 優先座席指定

 

 

 

デルタアメックスゴールドの年会費は

 


デルタアメックスゴールドの年会費は、26,000円+消費税とたいへん高額ですが、旅行好きの私にとって見事にツボにはまる特典が満載です。

こちらの記事の通り、さんざんアップグレードしてもらい、米国国内線といえども、ファーストクラスに乗ったり、行く先々でラウンジを利用させてもらったり、もう十分元は取ったと思っています。

 


デルタアメックスについては、こちらに詳しく書いていますのでご覧ください。

 

 

fp-r.hatenablog.com

 

 

上級会員にならなくてもラウンジを利用する方法、プライオリティパス

 


実は、航空会社の上級会員にならなくてもラウンジを利用する方法があります。

それは、プライオリティパスを持つことです。

 

f:id:fp-r:20190306203222j:plain


プライオリティパスとは、空港や航空会社と提携し、ラウンジのサービスを提供している会社です。

通常は、プライオリティパスの会員となり、年会費を支払うことによりラウンジを利用できるようになります。

 


3つの会員種別があり、利用頻度によって選ぶことができます。

 

f:id:fp-r:20190614200044p:plain


日本国内には、クレジットカードで利用できるようなラウンジもありますが、提供されるのがソフトドリンクやお茶などにとどまり、食事は提供されないことがほとんどです。

 


しかし、プライオリティパスが提携しているラウンジは、空港が運営しているものや、航空会社が運営しているものと提携している場合があるので、サービスの質俄然違うのです。

プライオリティパスのHPはこちらです。

https://www.prioritypass.com/

 


年会費なしでプライオリティパスを利用する方法

 


しかし、このプライオリティパス、やはり年会費が高いですよね。都度払いもなく、回数制限もない、プレステージの年会費は429ドルもします。

 


しかし、年会費を払わなくても、プライオリティパスの会員になることができるんです。

 


それは、プライオリティパス付帯のクレジットカードを保有することです。

私は現在、楽天プレミアカードを保有していますが、楽天プレミアカードはカードの特典としてプライオリティパスがついてくるクレジットカードとなります。

クレジットカードを保有するだけではなく、プライオリティパスに申し込みをしないと会員にはなれませんので注意してください。

 


楽天プレミアカードは、年会費10,000円+税ながら、一番上のランクのプレステージの特典が付いてきますので、大変お得です。

 


また、私が過去に持っていたアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)もプライオリティパスが特典としてついてくるクレジットカードになります。

こちらは、スタンダード会員の資格となりますが、年間10回も無料で利用できるなら十分だと思いますがいかがでしょうか。

 


アメックスゴールドについてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

fp-r.hatenablog.com

 ↑今は年会費無料で発行するキャンペーンは終わっているようです。

 

デルタアメックスゴールドのお得な入会方法は?

 

 


デルタアメックスゴールドの入会方法ですが、公式ホームページから直接入会するよりも、既存会員から紹介を受けて入会するほうがお得です。

もらえる入会特典マイル数が違ってきますので、下にまとめました。

 

  

公式サイトからの入会の場合、入会特典の8,000マイルと6ヶ月以内のデルタ航空の航空券購入で、最大33,000ポイントが獲得できることになっています。

 

しかし、既存会員からの紹介でデルタアメックスに入会すると、ご入会3ヶ月間のカードのご利用と6ヶ月以内のデルタ航空のご購入航空券のご利用で最大 59,000 マイル獲得可能となります。

 

内訳は、入会で8,000ボーナスマイル

入会後3ヶ月以内に合計25万円のご利用達成で、さらに7,000ボーナスマイル。

入会後3ヶ月以内に合計50万円のご利用達成で、さらに15,000ボーナスマイル

入会後6ヶ月以内にデルタ航空の航空券購入
ビジネスクラスご利用の場合 25,000 マイル、エコノミーは 10,000 マイル
カード通常利用 40万円で 4,000 マイル

 

f:id:fp-r:20190624200620p:plain

 
となっています。

せっかく入会するのであれば、多くマイルがもらえる方がいいですよね。

 

 

 

入会されたい場合は、既存会員からの紹介でお申し込みをされた方が断然お得ですので、お知り合いの方に、アメックスを持っている方がいるか確認してから申し込みをされるといいと思います。

 


もし、みなさんがデルタアメックスゴールド発行をご希望される場合は、アメックスカードをお持ちのご家族やお友だちから紹介されるのがお得です。もし、そのようなお知り合いがいない場合、私からも紹介可能です。

 


ちなみに、プライオリティパスのところで話に出てきた、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)もご紹介可能です。

こちらも、既存会員からの紹介で入会するのがお得になっています。

 


紹介ご希望の方は下の「お問い合わせ」からお問い合わせいただくと、紹介URL付きメールをお送りいたします。ニックネームでも大丈夫ですので、お気軽にどうぞ。いただいた個人情報は、カードの紹介のみに使用いたしますのでご安心ください。

 

tayori.com

ちなみに、楽天カードはポイントの大盤振る舞いをしているときに、ポイントサイト経由で申し込みをするのがお得です。

 

というわけで、今日はこの辺で。おやすみなさい。

 

飛行機で得したら、ホテルでも得しませんか?

 

 

fp-r.hatenablog.com

 

 

fp-r.hatenablog.com