ファイナンシャル・プランナーが教えるヒミツの節約旅 ファーストクラスで旅しよう!

ビジネスクラス・ファーストクラスでの旅は、夢のまた夢だと思っていませんか?

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜 宿泊レポ

みなさんこんにちは。

ファイナンシャルプランナーのアールです。

すっかり放置&ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

 

ハワイが恋しすぎてザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜に宿泊してきました。

が、しかしそこは横浜。

神奈川県民の私が見慣れた景色でした。

 

ハワイ感が欲しい方は他の道を探った方がいいかも、ということだけは

先に言っておきます。

 

 

f:id:fp-r:20200929113222j:plain

ベッド

 

f:id:fp-r:20200929113231j:plain

 オサレなソファー

 

f:id:fp-r:20200929113243j:plain

パーシャルオーシャンビュー

 

f:id:fp-r:20200929113212j:plain

ウォークインクローゼット

 

f:id:fp-r:20200929113217j:plain

バスタブお隣がシャワー

 

f:id:fp-r:20200929113325j:plain

 

f:id:fp-r:20200929113411j:plain

アメニティ 下の方にシェービングクリームもありましたよ!

 

f:id:fp-r:20200929113355j:plain

ドライヤーはパナソニック乾きが早かった!

 

f:id:fp-r:20200929113403j:plain

スリッパは使い捨てですが、フカフカで気持ちよかったです

 

f:id:fp-r:20200929114714j:plain

TWGの紅茶を持って帰るの忘れて激しく後悔

f:id:fp-r:20200929113235j:plain

マグカップがシックでかわいい

 

f:id:fp-r:20200929113311j:plain

名前忘れたけど、ルームサービスのカクテル

 

f:id:fp-r:20200929113414j:plain

夜のロビー

 

f:id:fp-r:20200929113351j:plain

ラウンジで食べたモンブランは不思議味でした!

外側が酸っぱい感じで、真ん中がモンブラン

色々な味がして飽きなかったけど、モンブラン感のみ求めている人は物足りないかも

 

 

f:id:fp-r:20200929113408j:plain

朝食で食べたキッシュ

中身がトロトロでおいしかった

 

 

なんと10時間ぐらい寝てしまい、起きたらなんと11時!

12時のチェックアウトまでワタワタしながら支度して、仕方がなく帰りました。

 

一番お安いこの部屋は、一休のプランで¥75000ぐらい

それがGOTOで¥45000になり、友達と折半でその半分。

 

なかなかお得なお値段で泊まることができました。

みなさんも泊まりたいと考えている場合、GOTOのある今がチャンスですが

開業したばかりで冷やかしの客(←性格の悪い言い方ですいません)が多いので

落ち着いて泊まりたければ、人々が忘れた頃がいいかもしれません。

 

ということで、今日はこのへんで

良い一日を!

 

 

 

 

 

マイナポイントをマイルに交換するためには どれを選ぶのが一番いいのだろうか

みなさんこんばんは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。
「マイナポイント」の申し込み受付が本日7月1日より始まりました。
これは、総務省の主導により、マイナンバーの利用促進やキャッシュレス決済の普及を目的としたもので、新型コロナウイルスや消費増税で落ち込んだ経済を活性化させることが主な狙いです。

 

f:id:fp-r:20200701211415p:plain

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

 

マイナポイントとは



「マイナポイント」は、マイナンバーとキャッシュレス決済手段を紐付けることで、決済またはチャージ額の25%(上限5000円)をマイナポイントという形で還元してくれるキャンペーンです。
つまり、クレジットカードで2万円決済すると、5後に,000円分のポイントが還元されるということになっています。チャージ型のものは、チャージしたタイミングで還元されるそうです。

対象となるキャッシュレス決済手段は、クレジットカードをはじめ、SuicaPasmoICOCAなどの交通系nanacowaonなどの電子マネー、PayPay・LINE Pay・メルペイ・楽天ペイ・au PAYなどのスマホ決済、など数多くあります。
ただ、「マイナポイント」と紐付けられるキャッシュレス決済手段は1つだけなのでどれがいいかよく考えることが大切です。

紐付けるキャッシュレス決済手段各社も顧客争奪戦が始まっており、お得なキャンペーンを展開しています。例えば「Suica」「au PAY」「メルペイ」は、国からの5000円還元に加え、独自に1000円を上乗せし、合計6000円を還元します。また、「waon」は2000円を上乗せし、計7000円を還元となっています。紐付ける決済手段を選ぶ際には、こうしたキャンペーンを確認してみるのも非常に重要です。

 

どうすれば一番お得にマイナポイントをマイルに交換できるのか



さて、このマイナポイントの手続きについては他のサイトでもいろいろと書いてあるので、ここでは割愛しますが、陸マイラー的にはどこに申し込みをすれば一番マイルが貯まるのかを考えてみました。

当初の私の答えはこうでした。
私は三井住友VISAカードANAゴールドを持っているので、5,000ポイントをもらって、ANAマイレージ移行コースで2倍=10,000マイル?!なんて夢を見ていましたが、そんなに甘くはない。

 

 

f:id:fp-r:20200701211338p:plain

出所 三井住友VISAカードHPより

 


ANAカード専用のANAマイレージ移行コースにはご利用いただけませんので、ご注意ください。”

 


どうやら、もらえるポイントはVポイントの通常ポイントのようですので、5,000ポイントをANAのマイルに変えたかったら60%で交換できますので、3,000マイルになるということでしょうか。

そうなると、次にお得なのはwaonでしょうか?waonは5,000ポイントに加え、独自キャンペーンの2,000ポイントがありますので、合計7,000ポイントゲットとなります。そうしたら、JALのマイルが3,500マイル貯まることになります(waonJALは50%)。

 

この考え方、あってるかな。

もっと各社のキャンペーンを研究しなくてはなりませんが、私が思いつくのはこれぐらいです…もしもっとお得なマイルゲット方法を思いついた方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

 

マイナンバーカードが必須


「マイナポイント」の還元を受けるには、マイナンバーカードが必要です。マイナンバーの通知カードではダメです。もしも、持っていないという方は、早めにカードを申請しておいてください。発行までに意外と時間がかかります。あと、暗証番号を忘れてしまっている人も市区町村に出向いて、設定しなおさないといけませんのでお早めに。

手続き等は、こちらで確認してくださいね。
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

 

ちなみに、2020年9月1日以降に決済またはチャージした分ではなないとポイントの対象にはなりませんので、気をつけてください。

 

それでは今日はこの辺で。

おやすみなさい。

 

 

fp-r.hatenablog.com

 

何をやっても痩せなかった私が3kg痩せた話

みなさんこんばんは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。

 

新型コロナウイルス前から、体重を減らしたくてダイエットに取り組んでいましたが、なかなか成果が出ませんでした。
そんな何をやっても痩せなかった私が、3キロ痩せましたので、その方法を書いてみたいと思います。

 

 

 

f:id:fp-r:20200623132941j:plain

Photo by Bill Oxford on Unsplash

 

ダイエットのキーポイントは血糖値?

 

やっぱり、体重を減らしたかったら、なんらかの食事制限は必要だと思うんです。だけど無理は続かないので、お腹がすいてもどれだけ無理なく耐えられるかっていうところが大事で、実現性と継続性が高いような方法にしないとダメだと思っていました。

 

お腹のすき方って二種類ありませんか?
お腹がすいていても、なぜか耐えられる、っていう時と、もうお腹がすきすぎて、今すぐ何か食べないとやってられないっていう状態。
おそらく、キーポイントは血糖値だと思うんですけど、前者は血糖値がゆるやかに下がっていて、後者は血糖値がガクンと下がっているっていうことな気がする。
(私は医学的な知識など何もないので、あくまで妄想です)


私は、会社に行くときは、朝ごはんにおにぎりもしくは甘いパンを食べて出勤していたのですが、9時から仕事開始で、10時にはもうお腹がすいて(後者の血糖値がガクンと下がるお腹の減り方)、耐えられず、間食をする、そしてランチをドカ食いする、というサイクルを繰り返していました。

 

だから、血糖値の上下がゆるやかになる食生活をしようと思って、ベジファースト(野菜から先に食べる)を実践してみたり、食事の前にトマトジュースを飲んでみたりしたけど、効果はない…どうしてもお腹がすくしかも、後者の耐えられないタイプの空腹!

 

それで、なにか画期的な策はないかと、ある実験を始めました。

 

「空腹こそ最強のクスリ」半日断食を実践

 

その実験とは「半日断食」です。
YouTubeの本を要約してくれるチャンネルで、「空腹こそ最強のクスリ」という本を紹介していました。(私はライターという職業柄、いろいろな本を読まないといけないのですが、あんまりにも読む本が多いため、たまにこういうチャンネルをみて済ませてしまいます。すいません。)
そこでいわれていたのが、食べ物を消化、吸収するということは、想像よりも消化器官に負担をかけることらしく、夕食後、睡眠時間も入れて16時間何も食べないことで内臓を休め、その働きを良くすることで健康になる、半日食べない)だけで、 細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、 全身の細胞がみるみる修復する、ということでした。

 

そんなに食べないなんて信じられない!と思うかもしれませんが、私はどうしてもその半日断食が気になっていました。といいますのも、私は耳鳴りがひどいのですが、たまに見ているYouTubeの(またYouTube笑)整体の先生が、耳鳴りのある人は朝ごはんを抜いてみるといいとおっしゃっていて、なんとなくやってみようかなと思っていたんです。

 

自粛生活のおかげでチャンス到来


それで、コロナ前から「朝食抜き」生活をしてみていたのですが、もうムリ。
通勤っていうのは思ったよりもカロリー消費がすごいもので、会社の最寄りの駅に着いたとたん、例の後者のお腹の減り方が始まって、ふわふわしちゃって、ぶっ倒れそうになってしまいました。その時は近くの富士そばにかけこみ、事なきを得ましたが、ホントに命の危険を感じるぐらいの出来事でした。そういうのを二回ぐらい経験し、やっぱ朝食抜きなんてダメだなって思っていた矢先、今回の新型コロナウイルスによる、引きこもり生活が始まったのです。

 

家にいられるならヤバくなったら何か食べればいいし、朝食抜きもできそう、と思って、気負わず、気楽に朝食抜き生活を再開してみました。
食べることも飲むことも大好きなので、無理はせず、朝は基本的にコーヒーだけ飲んで、どうしてもお腹がすいて我慢できないときは、ヨーグルトを食べたり、トマトジュースを飲んだり、バナナを食べたりって感じで体を慣らしていったら、いつのまにか朝食抜きが当たり前になって、心地よくなりました。もちろん空腹はあるのですが、前者の耐えられるタイプの空腹がやってくるので、全く苦になりません。

 

そして、お昼ごはんと夜ごはんは何も気にせず食べる、おやつも好きなだけ食べるっていう生活をしていったら、気づけば3kg痩せていました。

 

たかが3kgと思うかもしれませんが、103kgの人が100kgになったのとはわけが違います。体重は言わないけど笑、私の体には大きな変化が現れ、ぶよぶよだったお腹が以前よりもスッキリし、きつかったスカートがすんなりはけるようになったのです。
糖質制限とかおやつ抜きとかしていたらもっと痩せていたかもしません。

 

この朝食抜き生活も2カ月ぐらいになり、すっかり慣れました。そして、体質が変わったかも…と思っています。
といいますのも、6月から週3で出勤するようになったので、朝食抜き生活が難しくなってしまったのですが(ぶっ倒れそうになったのがトラウマで、外出するときは朝食抜くのが怖い)、せめて朝食の量を少なくしようと思って、目玉焼きにお味噌汁とヨーグルトという、昔だったらお昼まで絶対に持たないメニューに変えました。ところが、お腹はすくものの、ちゃんと耐えることができて、お昼も何を食べようが夕飯までお腹がすかないという、素晴らしく燃費の良い体に生まれ変わったのです。

 

これから先、出勤が通常通りの週5に戻ってしまうかもしれませんが、これなら週末だけ半日断食をすれば、痩せ続けられるかな?と期待しています。
耳鳴りが良くなったかは微妙なのですが、明らかに体質が変わっているので、健康診断にでも行けば、何らかの変化が可視化できるかもしれません。もともと健診で引っかかっていた項目などはないんですけどね。

 

ランニングは体重減に直結していない気がする

 

ちなみに、コロナ前から運動はランニングと筋トレが習慣になっていました。運動してたんかい!なら痩せるわっ!ていう突っ込みが入りそうですが、毎日5キロ走っても全く痩せませんでしたので、ランニングは体重の増減にはあまり関係がなかったように思います。もっと長い距離を走れば痩せるのかもしれませんが、平日の夜仕事終わりに10キロとか走るのは普通の人にはムリですよね。筋トレの方は続けていたらムキムキしてきたので、体重を減らしたい方は食事制限、ついでにボディメイクもしたい人は筋トレが必要といったところでしょうか。


ランニングはひたすら気分爽快になるので、やってムダというわけではありませんが、痩せることを期待するなら、一日10キロぐらい走ることを継続しないとダメかもです。

 

というわけで、何をやっても痩せなかった私が痩せた方法を書いてみました。
夕飯抜きにしても効果はあると思うので、いかに上手に食べる量を減らすかっていうことがキーポイントだと思います。3食きっちり食べないといけないとか、朝食を抜いたら体に悪いとか、世間の常識にとらわれずに、自分がピンときた方法を取り入れてみると良いのではないでしょうか。痩せたいと思っている方は、自分の体に無理ない方法を見つけてみてください。

 

では今日はこのへんで。

おやすみなさい。

 

 

 

fp-r.hatenablog.com

 

 

ゴーストライターの私が出版しました!

みなさんこんにちは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。
すっかりご無沙汰してしまいましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

会社員…副業…働きすぎ…?

 

わたくしの方は新型コロナウイルス前からブログの更新はサボっておりましたが、ほんとに忙しくしていました。


私はテレワークしていたものの、フルタイムの会社員で、副業ライター、そして慣れない動画の作成なんかもしていたので、すべてが同時並行、常にやることがある、常に忙しいという状況で、ついついブログの優先度が低くなってしまっていました。

 

こんな状況なので、旅行の記事は更新できないと思いますが、マイラーとしてだけではなく、ファイナンシャル・プランナーの私、そしてライターの私の側面も出しつつ、過去の旅の回顧や、副業のお話、お金の稼ぎ方、出版のことなどを盛り込んだブログにしていきたいと思います。

 

本を出しました

 

さて、もう一つ忙しかった理由があります。
実はわたくし、出版しました。ブラックライターリョウコというペンネームで(私、リョウコっていいます。)。その執筆にも追われていました。

 

www.amazon.co.jp

 

f:id:fp-r:20200619104655j:plain



出版はマーケティングに活用できる!


私は、ゴーストライターとして多くの方に代わって本を執筆してきました。
その著者の方はほとんどご自分でビジネスをされていたり、会社を経営されている方です。
その方々は、ただ知識があるから本を出して儲けよう、と思っているわけでもなければ、人生の記念みたいな意味で出版しているわけでもありません。
出版と言えば、夢の印税生活を夢見る方も多いかもしれませんが、実は、本を出しても思ったよりも利益は出ないのです。ベストセラーになるような本は別ですが、おそらく1冊本を出して、数十万円もらえればいい方で、印税で一生食べていくことができるなんていうのはほんの一握りの人だけが叶うことです。
だったら、わざわざ手間をかけて、高いお金を出してゴーストライターを雇っているのかというと、とある目的があります。それが「マーケティング」なのです。
しかし、出版社を通じて、出版するとなるとまとまった費用が必要となりますので、金銭的に余裕のある方しか取り組むことができないことになってしまいます。ところが、Kindleでの出版でしたら、誰でもいつでも無料で行うことが可能です。

 

出版の敷居は高くない

 

こちらの本は、ご自分でビジネスをされている方、これから自分でビジネスを始めようとしている方で、ブログやSNSとは性質の違うマーケティング方法がないか模索している方へ向け、「出版」ってマーケティングに使えるんだよというご提案をさせていただいています。「出版」と聞いてしまうといろいろと敷居が高いですが、Kindleでの出版だったら、誰でもいつでも無料で行うことが可能です。

 

電子書籍のみの取り扱いですが、Kindleのアプリがあれば携帯からでも読むことができます。また、KindleUnlimitedの対象本ですので、サービスに加入されている方は無料で読むことができます。ご興味ございましたら、ぜひ読んでみてください。

 

本を書くなんて敷居が高いよって思う方も多いかもしれないので、そういう方向けに「本の書き方」をまとめた動画も作成中です。リリース日は未定ですので、決定次第ブログでお知らせします。

 

需要があれば、Kindle出版をするための講座なんかもやろうかなと考えています。
本を書くのって、本当に大変なので無理やりみんなで集まって、構成を考えたり書く時間を作って、つまずきそうなところは私が見て、って感じで…。
まだまだ堂々と集まっていい環境ではないですけどね。

とういうわけで、今日はこのへんで。

よい一日を!