ファイナンシャル・プランナー・アールのこれ欲しい!ここ行きたい!を叶えるブログ

ファイナンシャル・プランナーによる旅をお得にする方法 マイル、クレジットカードなど

デルタアメックスゴールドの入会はポイントが多くもらえる紹介キャンペーンがお得!ラウンジなどの特典について詳しく解説しました

 

 

みなさんこんばんは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。

今日は、これまた私の大のお気に入りクレジットカード、デルタアメックスゴールドをご紹介します!
こちらも今までさんざん紹介はしてきましたが、しっかりじっくりとこのカードの魅力について書いたことはなかったので、またまた気合を入れてご紹介したいと思います。

 

f:id:fp-r:20190204083408p:plain

 

 

 

 

 

 

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード



ずっとデルタアメックスゴールドと呼んでいますが、正式名称は「デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。以下、デルタアメックスゴールドで統一します。

こちらのデルタアメックスゴールドは、アメックスとデルタ航空が提携して発行しているクレジットカードで、アメックスの多様な特典と、デルタ航空での優遇で、知る人ぞ知る、お得なクレジットカードとなっています。




デルタ航空とは



スカイチームに所属する、アメリカの航空会社です。



東京発着の直行便は



羽田空港



ミネアポリスアメリカ ミネソタ州
•ロサンゼルス(アメリカ カリフォルニア州

 


成田空港


北米
アトランタジョージア州
•シアトル(ワシントン州
デトロイトミシガン州
ポートランドオレゴン州
•ホノルル

アジア
シンガポール
•マニラ(フィリピン)

そのほか、セントレア関空にも就航しています。

(執筆時点の就航地です)



クレジットカードの会員資格は



デルタアメックスゴールドの会員規約の中の会員資格の部分には、”当社が適格と認めた方を会員とし”という文言があり、具体的に年収や年齢の取り決めは見つけることができませんでした。
私はごくごく普通のサラリーマンですが発行できましたので、クレジットヒストリーに傷がつきまくっているとかではない限り、審査を恐れることはないと思います。


どんな人に適したカードなの?


デルタ航空をよく利用する方、スカイチーム所属の航空会社をよく利用する方

 

デルタアメックスゴールドの年会費

 


デルタアメックスゴールドの本会員の年会費は26,000円+消費税です。
(家族カード1枚目無料、2枚目以降12,000円+消費税)

年会費は高い方ですが、これから説明する数々の特典をご覧いただければ、お得かどうかすぐに判断できると思います。

 



デルタアメックスゴールドの特典とは

 

f:id:fp-r:20190203204732p:plain




デルタアメックスゴールドの26,000円+消費税という高額の年会費を支払ってまで私がこのカードを保有する理由は、旅行好きの私にとって見事にツボにはまる特典が満載だからです。
特に大きいメリットは以下のとおり。

  • デルタ航空のゴールドメダリオン資格の自動付与
  • スカイチームのエリートステータス
  • 貯めたポイントはデルタ航空のマイルに交換可能
  • カード利用のポイントはマイル付与率1%
  • 充実の付帯保険(ショッピング保険・リターンプロテクション・キャンセルプロテクションなど)



デルタ航空のゴールドメダリオン資格の自動付与

 



デルタ航空では、搭乗実績に応じて「メダリオン会員」という上級会員資格が与えられます。必要となるフライト実績はゴールドメダリオンになる場合は年間50,000マイル、1番下のシルバーメダリオンで半分の年間25,000マイルです。
他の航空会社の上級会員資格と同様に、飛行機に乗りまくらなくてはならず、時間もお金もかかります。フライト実績によるメダリオン会員資格の取得は簡単ではありません。

SFCJGCはフライト実績を積まないといけないものの、一度達成してしまえば、クレジットカードを保有することにより上級会員の資格を維持できます。
しかし、デルタ航空の場合、フライト実績を積まなくてもクレジットカードの作成だけでゴールドメダリオン会員資格を得ることができるのです。

これが今回ご紹介するデルタアメックスゴールドの最大の魅力です。

 



ゴールドメダリオンの特典は

 



  • ラウンジの利用
  • コンフォートプラスへアップグレード
  • 優先チェックイン
  • 優先保安検査
  • 優先搭乗
  • 優先座席指定

 



ラウンジの利用

 



空港のベンチって、占領されていることが多いですよね。4つぐらい使って寝てる外人さんとかもいるし、待たなくてはならないとき、座れないとどうしていいかわからないので、買い物などが一通り終わってしまった場合、非常に困りますよね。カフェやレストランにいても、食べ終わったら出ていかないと気まずいですし…。

そんな時に便利なのが、ラウンジです。
ラウンジは、飲み物も飲み放題、軽食やお酒もあったり、シャワーを利用できたりするので、フライト前の準備を落ち着いて整えることができる快適な空間です。

利用できるのは、通常、ファーストクラス、ビジネスクラスの乗客に加え、航空会社の上級会員です。(会社や空港によって運用は異なる場合がありますが…)

しかし、米国内線のみの利用の場合、ゴールドメダリオンのステータスでは、デルタラウンジを無料で利用することができないらしいです。国際線を利用する場合のみ、ラウンジが利用可能となります。


デルタのラウンジの場合は、同伴者1人まで無料ですので、友達や家族と2人で旅行に行く場合、1人がデルタアメックスを持っていれば、2人共エコノミーでもラウンジが使えます(後で説明しますが、羽田空港を除く)



デルタ空港の日本国内のラウンジは成田空港にある「スカイクラブ」のみとなっています。
他の空港から出発する場合は、スカイチームのラウンジ、もしくは提携のラウンジを利用することになります。

利用できるラウンジは。
成田 
デルタの「スカイクラブ」 大韓航空の「KALラウンジ」


羽田
デルタビジネスクラス以上搭乗時「TIATラウンジ」
デルタ以外の航空会社利用時JAL「さくらラウンジ」


中部
セントレアグローバルラウンジ」、大韓航空の「KALラウンジ」


関西 
大韓航空の「KALラウンジ」


福岡
大韓航空の「KALラウンジ」、「LOUNGE ASIA」



説明しなくてはいけないのは成田空港以外の利用時です。

f:id:fp-r:20190411195346j:plain


上の説明書きは、デルタ航空のHPからの抜粋です。
「デルタ・ワン」とはデルタ航空ビジネスクラスに匹敵するクラスになります。
そうです、ビジネスクラスに乗らないと、ラウンジが利用できない場合があるのです!
中部、関西、福岡空港大韓航空の「KALラウンジ」などがあるので、問題なくラウンジ利用できそうですが、羽田は…。

どうやら、デルタ以外のスカイチームの航空会社を利用する際は、スカイチームのエリート資格のおかげで、エコノミー利用でもJALの「さくらラウンジ」が利用できます。
デルタ航空のチケットしか持っていない場合、エコノミーの利用者かつ、ゴールドメダリオン会員の人は、使えるラウンジがないのです。

羽田空港には、プライオリティパスで使えるラウンジもないし、KALラウンジもない…。みんな羽田を重視していないんでしょうか…。羽田を起点に動きたい私としては、オリンピックに向けて改善されることを願います。

とはいえ、航空会社のラウンジとは別に、ゴールドカードを保有していればで使えるようなカードラウンジもあります。
カードラウンジは、軽食などはなくソフトドリンクがあるのみですが、落ち着いて座っていられるのでおなかが空いてなくて、お酒がいらない場合はこちらで十分だと思います。


コンフォートプラスへアップグレード

 



ゴールドメダリオンの会員がデルタ航空搭乗の際、エコノミーのチケットでも空席状況に応じてデルタコンフォートプラス(プレミアムエコノミー)に無料アップグレードしてもらうことができます。

座席に空きがあれば、出発の72時間前にアップグレードは確定され、同行者1人まで無料となります。

エコノミーとコンフォートプラスは、区間や時期にもよりますが、片道で30,000円ほど価格に差がある時があります。往復アップグレードしてもらえたら合計で60,000円ほどお得ということになり、デルタアメックスゴールドの年会費26,000円+税は軽く元が取れますね…。
アメリカ国内線の場合は、こちらも空き状況次第ですが、無償アップグレードの対象がファーストクラスまで広がります。アメリカ国内に行くと、デルタの上級会員も多いでしょうからライバルがたくさんいそうですが、アップグレードしてもらえるかどうか、ハラハラわくわくしながら旅をするのも楽しいかもしれません。

 



空港での優遇があるSKY PRIORITY

 



ラウンジやアップグレードも魅力的ですが、地味にうれしい空港での優遇があります。
出発時の空港でのチェックインや手荷物検査、到着時の預け荷物が出てくる待ち時間、地味に嫌ですよね。
そんな待ち時間をスピーディに済ませられるのも上級会員のなせる業です。



優先チェックイン

 



デルタ航空便はもちろんスカイチーム便に搭乗する時も、エコノミーのチケットしかもっていなくても、ビジネスクラスと同じチェックインカウンターを使うことができます。
ビジネスクラスのチェックインカウンターはそんなに混雑することもないので、たいした待ち時間もなくチェックイン可能です。

 


優先保安検査

 



さらにゴールドメダリオン会員なら、専用レーンで保安検査を受ける事ができますので、手荷物検査の長い列に並ぶ必要がありません。全ての空港にあるわけではありませんので、空港によっては、行列のショートカットだったりしますが、どちらにせよ時間の短縮になり、非常に便利です。



優先搭乗




ゴールドメダリオンならエコノミー利用でも機内への優先搭乗をすることが可能です。
そんなに早く、飛行機の中に入りたくないよって思う方もいらっしゃるかもしれませんが、利点としては、頭上の手荷物入れが争奪戦になる前に戦いを終わらせることができるということです。要するに、他の人よりも早く機内に入れるので、スカスカなうちに入れられます。何気に困りますからね、いっぱいのときは。
ビジネスクラス以上に乗るときは、優先搭乗をした際はシャンパン飲んで待っていればいいだけなので、非常に良い時間となります。
絶対に必要な優遇ではないですが、搭乗の際も結構並びますからね…状況次第では便利だと思います。

 


優先手荷物

 



ゴールドメダリオンなら、預け荷物を優先しで受け取る事ができます。
自分の預け荷物にプライオリティタグというものを付けてもらい、受け取る際には、ターンテーブルから真っ先に出てきます。
何気にこの待ち時間も嫌ですからね…。私はなぜか最後のほうに荷物が出てくることが多かったので、非常にありがたいです。

 



優先座席指定

 



実は、飛行機の座席は上級会員向けに前方の席や前に誰もいない席、足元が広い席などがブロックされていることがあります。事前の座席指定では選択できなかったのに、当日になったら空いていた、なんてこともよくあることです。

デルタアメックスを保有して、ゴールドメダリオン資格を得れば、こういった前方の座席や足元の広い座席を優先的に指定することが可能となります。

トイレに行くときに自由に出られないのも嫌ですし、前の人が座席を倒して圧迫感を感じるのも嫌なので、私はエコノミーに乗るときは、前に誰もいない席が好きです。航空会社のステータスを持っていなかったときは、この席が取れなくて不思議に思っていたのですが、いざステータスを持ってみて、はじめて上級会員向けのブロックがあることを知りました。この制度は大変ありがたいです。



優先空席待ち

 



空港での空席待ちの際も優遇があります。
急に飛行機に乗らないといけなくなったときなどには役立つかもしれません。悪天候や機器トラブルで、運航に乱れがあるけどどうしても帰りたいときとか、急な不幸があったときとか…あまり出会いたいシチュエーションではないですけどね…。


こういった特典がデルタ便だけで無く、スカイチーム加盟航空会社のフライトでも利用できますので、スカイチームに乗る機会が多い方は、デルタアメックスゴールドを持つ価値はあると思います。



メダリオン会員資格に応じたマイル加算

 



ゴールドメダリオン会員は、デルタ航空の購入航空券の運賃で獲得できるマイルがより多くもらえます。通常獲得できるマイルに加えて60%のメダリオン ボーナスマイルがプラスされます。
これはなかなか大きいですね!



ゴールドメダリオンを維持し続けるには

 



こちらのゴールドメダリオンの自動付与は入会初年度(初回プログラム期間)のみとなります。2年目以降は条件付きでゴールドメダリオンを維持することができます。

公式サイトには

「カード会員様のカード入会日・切替日から毎年1年間を「プログラム期間」とし、期間中のご利用金額に応じて、翌プログラ ム期間のメダリオン会員資格が決まります。」

 



とあります



こちらの表をご覧いただくとわかりやすいのですが、2019年3月15日にこのカードに入会すると、2020年3月15日までデルタのゴールドメダリオン資格が与えられます。

 

f:id:fp-r:20190203203548p:plain




翌年(翌プログラム期間)からは、カードの利用が 150 万円以上でゴールドメダリオン、100 万円以上で、シルバーメダリオンとなりますので、ゴールドメダリオンを維持するには150万円使わないといけませんが(笑)それは、翌年以降の検討材料としておいて、直近でデルタに乗る予定のある方、スカイチームの航空会社を利用する予定のある方は、この1年間ぐらいは割り切って年会費を払い、このカードを使ってみてもいいのではないでしょうか。


 


充実の付帯保険

f:id:fp-r:20190411195828p:plain



国内旅行傷害保険

 

旅行代金をデルタアメックスゴールドで決済した場合に限られますが、国内旅行でも傷害死亡・後遺障害で最高5000万円の保険金が出ます。家族カード会員も同じく最高5000万円ですが、家族カードがなくても同行の家族は最高1000万円の補償がつきます。

国内旅行保険は利用付帯のみですので、旅行代金はなるべくデルタアメックスゴールドで決済するクセをつけたほうがいいですね。

 



海外旅行傷害保険

 



海外旅行の場合の補償は下表にまとめました。家族特約があるのは嬉しいですね。


充実した保険はさすがのアメックスですね。気になる治療費用も300万円、携行品損害も意外に利用頻度が多いので安心です。

 


航空便遅延費用補償(海外旅行)

f:id:fp-r:20190411195938p:plain


航空便遅延費用補償では、海外旅行の際、航空便の遅延・欠航、乗り継ぎ時の到着便の遅延によって発生した宿泊・食事代が補償されます。

手荷物の到着遅延・紛失によって発生した衣類・生活必需品の購入費用も補償されます。私はよく、バッゲージロストになるので、この補償があると大変ありがたいです。

本会員には自動付帯となりますが、家族会員は対象外です。補償内容は下表にまとめました。


たくさん旅行をしていると、誰でも一度は出会ったことがあるトラブルなのではないでしょうか?そのような際に補償があるのは心強いですね。




ショッピング保険

 



デルタアメックスゴールドで購入した商品について、国内、海外を問わず、破損や盗難などで損害を被ってしまった場合、購入日から90日間、1名につき年間最高500万円まで補償されます。

他のクレジットカードのショッピング保険では、スマホ・ノートPCは対象外になる場合が多いです。しかし、デルタアメックスゴールドの保険では、スマートフォン、パソコンも補償の対象になっていますので、うっかり破損が心配な携帯電話なども、デルタアメックスゴールドで購入しておけばしっかりと補償対象となります。


キャンセルの保険

 


海外旅行の天敵といえば、突然の病気やケガ、またやむを得ない仕事ですよね。病気やケガによる入院、急な出張で海外旅行に行けなくなった場合などのために「キャンセルプロテクション」というものがあります。

「1,000円」または「キャンセル費用の10%に相当する額」のいずれか高い額の免責額がありますが、補償は以下の通りとなっております。

入院に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)
通院に基づくキャンセルの場合:3万円(年間最高)
社命出張に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)※年1回まで


 




国際線手荷物無料宅配

 



海外旅行からの帰国時、空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれるサービスがあります。
※1回の搭乗に対して、スーツケース(またはゴルフバック)1個が無料です。
対象空港は成田国際空港中部国際空港関西国際空港となっています。

帰国してすぐに仕事に向かわなくてはならない時や、スーツケースが二つになっちゃったけど、誰も迎えに来てくれない時などに非常に便利ですね。

一つお願いしたいことは、羽田空港も対象にしてほしいということ…。
私は成田空港が遠いので、基本羽田から行きたいのです。
VISAのプラチナは羽田空港も対象で、スーツケース1つにつき500円という破格のお値段で配送してくれます。しかも、私がお願いした時は行きに宅配をお願いすれば、帰国時の宅配は無料というキャンペーンをやっていました。
普通に宅配をお願いしようと思うと、2,000円ぐらいかかりますので、無料も500円も地味にありがたいですが、この辺もうすこしアメックスには頑張っていただきたい!
本当は、宅配をお願いしなくて済むような、スマートで余裕のある旅ができたらいいんですけどね。

 


番外編の使い方

 



他の航空会社とのステータスマッチも可能

f:id:fp-r:20190205091149j:plain



カードの本来の利用方法としては少しズレるかもしれませんが、番外編の利用方法として他のホテルグループとのステータスマッチを試みることも可能です。

ステータスマッチとは、航空会社やホテルグループの上級会員資格を持っている場合、その他の航空会社、ホテルグループの上級会員資格も与えられるシステムです。顧客側からすれば、いつも利用していない航空会社やホテルの上級会員を試し、サービスの比較をしつつ、いつもの質と変わらない旅ができるメリットがあります。航空会社やホテル側としては、ライバル会社の上顧客のハートをつかむチャンスとなりますので、広報活動の一環のような感じでステータスマッチを行っています。

この仕組みを活用すると、デルタ航空以外のホテルの上級ステータスが得られる場合があります。

私は、デルタ航空のゴールドメダリオンとのステータスマッチで、ターキッシュエアラインのステータスマッチに成功した過去があり、Miles&Smiles Elite、スターアライアンスゴールドになることができました。
詳しくは過去記事をご覧ください。

 

 

fp-r.hatenablog.com

 



ステータスマッチに関しては、こちらのサイトで情報が共有されています。とても参考になりますので、ぜひご覧ください。
http://statusmatch.jp/

私のステータスマッチ経験としては、他に

ANAのプラチナから、インターコンチネンタルホテルのプラチナ

 

fp-r.hatenablog.com

 



などに成功しています。


ステータスマッチは実施していない場合などもありますし、数年に一度取得できる場合もあれば、生涯に一度だけという場合もあります。
その会社の制度をきちんと勉強して、ここぞという場面でステータスマッチを試みるのがスマートな使い方ですね。

 


京都にカード会員専用ラウンジあり

 

f:id:fp-r:20190306203333j:plain




京都旅行がお好きな方は、
高台寺塔頭 圓徳院にアメックス会員専用の「京都特別観光ラウンジ」があります。

豊臣秀吉の冥福を祈るために、秀吉の正室北政所(ねね)が建立した高台寺
その塔頭のひとつ、ねねが晩年を過ごした圓徳院にて、「京都特別観光ラウンジ」をご提供しております。
重要文化財や国指定名勝の北庭、由緒ある小間の茶室等があり、京都の寺院の中でも特に有名な圓徳院で、古都ならではの伝統美をご堪能いただけます。
京都へのご出張やご旅行の際には、是非お立ち寄りください。


サービスのご案内

圓徳院の拝観券売場で、カードをご呈示ください。

圓徳院書院・知客寮にてお茶のご接待
宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日によって変わります)
夏季期間中は、冷たい麦茶、冷やし飴をご用意しております。
圓徳院の拝観無料
高台寺・掌美術館の拝観割引
高台寺駐車場1時間無料サービス
ご同伴者3名様までご利用いただけます。

 



私が行ったときは、昆布茶のサービスでした。
どこに行っても混んでいる京都の街中での、旅の途中の良い休憩場所になりました。

 


デルタアメックスゴールドのお得な入会方法は?

 



公式ホームパージからの入会は獲得マイル数が少ない

 


デルタアメックスゴールドの入会方法ですが、公式ホームページから直接入会するよりも、既存会員から紹介を受けて入会するほうがお得です。もらえる入会特典マイル数が違ってきますので、下図にまとめました。

f:id:fp-r:20190320201431p:plain



公式サイトからの入会の場合、入会特典の8,000マイルと6ヶ月以内のデルタ航空の航空券購入で、最大33,000ポイントが獲得できることになっています。

しかし、既存会員からの紹介でデルタアメックスに入会すると、ご入会3ヶ月間のカードのご利用と6ヶ月以内のデルタ航空のご購入航空券のご利用で最大 52,000 マイル獲得可能となります。

内訳は 入会で 8,000 マイル

入会後3ヶ月以内にカードの利用合計 20 万円達成で 5,000 マイル
入会後3ヶ月以内にカードの利用合計 40 万円達成で 10,000 マイル
ご入会後6ヶ月以内にご購入航空券でビジネスクラスご利用の場合 25,000 マイル (エコノミーは 10,000 マイル)
カード通常利用 40万円で 4,000 マイル

 



となっています。
せっかく入会するのであれば、多くマイルがもらえる方がいいですよね。


入会されたい場合は、既存会員からの紹介でお申し込みをされた方が断然お得ですので、お知り合いの方に、アメックスを持っている方がいるか確認してから申し込みをされるといいと思います。

もし、みなさんがデルタアメックスゴールド発行をご希望される場合は、アメックスカードをお持ちのご家族やお友だちから紹介されるのがお得です。もし、そのようなお知り合いがいない場合、私からも紹介可能です。

紹介ご希望の方は下の「お問い合わせ」からお問い合わせいただくと、紹介URL付きメールをお送りいたします。ニックネームでも大丈夫ですので、お気軽にどうぞ。いただいた個人情報は、カードの紹介のみに使用いたしますのでご安心ください。


私からのご紹介で、こちらのカード(または他のアメックスカードでも結構です)を作ってくださった方は、必要でしたら私がステータスマッチに成功した時にターキッシュエアラインに送った英文のテンプレートを差し上げます。また、英語に自信のない方はその後のやり取りもフォローさせていただきますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

tayori.com

 

fp-r.hatenablog.com

 



まとめ

 



  • 年会費は26,000円+消費税
  • 初年度はデルタ航空のゴールドメダリオン会員資格が自動付帯
  • 翌年度もゴールドメダリオンを維持するためにはカード利用150万円が必要
  • カード利用のポイントはマイル付与率1%
  • ショッピング保険・リターンプロテクション・キャンセルプロテクションなどの充実の付帯保険
  • 手荷物無料宅配(帰国時1個)
  • カード入会の際は、既存会員からの紹介だともらえるマイルが多くなる


ご紹介が必要な方はこちらからお問い合わせください。

tayori.com