ファイナンシャル・プランナー・アールのこれ欲しい!ここ行きたい!を叶えるブログ

ファイナンシャル・プランナーによる旅をお得にする方法 マイル、クレジットカードなど

ANA(全日空)の上級会員を目指そう!スターアライアンスゴールドのステータスをほぼ永久的に維持して、ラウンジなどの特典を得るには?!

みなさんこんばんは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。

以前、ANA SKY コインについてお話しましたが、今日は ANA SKY コインを活用 して、ANAの上級会員を目指してしまおうというお話です。

 

 

 

 

f:id:fp-r:20190131201002p:plain

 

 

ANAの上級会員を目指そう!


 航空会社の上級会員って、お金持ちのオジサマ。海外出張行きまくりのゴリゴリのビジネスマンのオジサマなんかが、飛行機に乗るときに、航空会社のラウンジを利用していたり、優先搭乗していたりするアレです。(オジサマのイメージしか無くて…すいません。)

 

他にも もっといろいろなサービスが受けられるのですが、そんなの自分とは無縁だと思いますよね。

 
私もマイル活動をするまではそう思っていました。

 
しかし、今では、ワタクシANAのプラチナ会員です。優先搭乗もできるし(しないけど)、ラウンジも使えます(ラウンジは使います)。

 

ANAのステータスには、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドとあり、ダイヤモンドがこの中ではダイヤモンドが一番上です。

 

 

f:id:fp-r:20190203201632p:plain  

この中でも、プラチナとダイヤモンドがスターアライアンスゴールドメンバー相当であり、優先搭乗やら、ラウンジなどが利用できます。ブロンズの方は優先搭乗がなく、ラウンジを使うには、会員本人の利用で 1,000 マイル必要となります。 そんなわけで、真の上級ステータスと言えるのは、プラチナ以上といっても過言ではない気がします。下図のように、これだけサービスが違ってくるんですね。


 
そんなプラチナ会員になるための条件は、1月~12月の1年間で50,000 プレミアムポイント(PP)を獲得することです。その内の半分である 25,000 ポイントは ANA グループ便の搭乗で ある必要があります。 ダイヤモンド会員になるには、その倍の100,000 プレミアポイントが必要になってきます。

 

プレミアポイントって聞きなれない言葉かもしれませんが、マイルとは別に加算されるポイントです。

私の言葉でいうと、より遠くに、よりいいクラスで飛行機に乗ると多く加算される イメージなのですが、国内線は2倍加算、アジア・オセアニアは 1.5倍加算になるので、エコノミー の安い運賃で北米に行くよりも、国内線のプレミアムクラスで沖縄に行くほうが、PPが 多いこともあります。 実際に、マイルやPPがいくら貯まるのかというのは、ANAのHPから計算できますのでご活用ください↓

 
https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja

 

 

f:id:fp-r:20190203201855p:plain

 

 
これで計算してみると、プラチナ会員になるための 50,000PPを獲得するには、14回も羽田-那覇間を往復しなくてはなりません。 これは、みなさんがよく利用するであろう、運賃種別「特割」で計算したものになります。

 

 例

 羽田-那覇 片道 特割(運賃 5)

獲得PP1,876 ×2(往復なので)=3,752

 


50,000PP÷3,752=13.326...14回

という計算です。

  


プレミアクラスに乗れば、羽田-那覇の往復9回ぐらいで済みますが、プレミアクラスは 席数が少なく、熾烈な予約争いに打ち勝たなくてはなりません。だいたい、目ざとい上級会員の方々が、発売前から構えてて、発売直後に予約しちゃうっていう気合の入れようなので、わたしなどはその時点で、プレミアムクラス争奪戦に勝てる気がしません。

 


とにかく、10回近く沖縄に行かないと得られないステータスなんです。金額にして、30~  50 万円ぐらいかかるでしょうか。よほどの出張族かセレブではないと、それだけの時間も お金もないですよね。

 

ANAマイルをANA SKYコインに交換して費用はゼロ


しかし私たちは、ポイント活動により、大量にマイルを得る方法を知っています。

このマイルを原資にしてしまおう!という提案です。

 


そこで、利用できるのがマイルをANA SKYコインに交換して購入する航空券です。

PPは特典航空券では加算されません。購入した航空券での搭乗のみに加算されますので、ひたすらお金を払って飛行機に乗るしかないのです。

 

f:id:fp-r:20190131201145p:plain

 
例えば、羽田-那覇の往復14回分のチケット代が全部で50万円だとしたら、ANAカードのゴールドカードホルダーは、1.6倍でANASKYコインに交換できるので、31万マイルほど必要になりますが、もともとは、ポイントサイトで得たマイルを使っているので、 ほんとは何十万円もかけて有償で飛行機に乗らないと得られないプラチナやダイヤモンド といったステータスを、ほぼ現金の持ち出しなく取得できるのです。

 

上級会員を維持できる、スーパーフライヤーズカードの存在

 

ANAマイレージカードしか持っていない方は、1マイル1.2倍にしかならないので、41万マイルも必要になります。この差は大きいですね。これだけでも ANA カードのゴールド を持つ意味がありそうです。

 

 しかし、ANA カードのゴールドも持つことにはもう一つ大きな意味があります。 それはスーパーフライヤーズカード(以下、SFC)の存在です。

 

f:id:fp-r:20190203202250p:plain


SFC は、ANAの上級会員であるプラチナ会員とダイヤモンド会員だけが申し込むことがで きるクレジットカードです。これを持っている方は、スーパーフライヤーズ会員として、 ANAの上級ステータスが与えられます。

 

 

 プラチナやダイヤモンド会員は、会員になる条件を満たした時点で、事前サービスという ものが受けられます。その次の年の4月から本会員となりますので、1年間+ αしかそのサービスを受けることができません。

 


せっかく得たステータスも、期間が過ぎたら、平会員に戻ります。もし維持したかったら、毎年飛行機に乗りまくって 50,000~100,000PP を 獲得し続けることになります。

これを解決してくれるのが、SFC の存在です。

 


一度 SFC を発行してしまえば、解約しない限りずっと ANA のスーパーフライヤーズ会員 かつ、スターアライアンスゴールドメンバーとなり、上級ステータスが維持されます。

それで、どうしてANA カードのゴールドを持つとよいのかといいますと、既に ANA カード を持っていて、SFC に切り替えることを希望される方は、同じブランドへの切り替えは審査なしで手続きができます。

 


例えば、三井住友VISAカードのANA VISA ワイドゴールドを持っている方が SFC に切り替える場合、ANA VISA ワイドゴールドの SFC カードが無審査で発行されます。 ANA VISA ワイドゴールドを持っている方が ANA アメリカン・エキスプレス スーパー フライヤーズ・ゴールド・カードを作ろうと思ったら、可能は可能なのですが、一定の審査があり、万が一審査に落ちてしまうと SFC が作れないかも、という危険があるのです。

 


ANAカードを作る場合は、ポイントサイト経由よりも、既保有者に紹介してもらって入会するのがお得です。こちらからメッセージをいただければ、ご紹介のために必要な情報をお送りいたします。いただいた情報は、カードのご紹介のためだけに利用いたします。

 

tayori.com

 

ANA上級会員のサービスは?

  f:id:fp-r:20190203211507j:image

これらの上級会員向けサービスは、搭乗前後にラウンジでシャワーを浴びたり、食事をしたり、お酒を飲んだりっていうのが醍醐味であると感じますが、地味に専用保安検査場の利用や、手荷物受取の優先がありがたかったりします。 保安検査場の列って、本当に待つのが嫌になってしまいますし、手荷物が出てくるのが早いか遅いかで目的地に着く時間も変わってきます。

 


空港によっては混みすぎて、フライト乗り遅れるんじゃないかってぐらいの時があります。一人一人の手荷物を調べて、上着と靴を脱いでスキャンして、安全面を考慮すると当たり前なのかもしれませんが、 あの長い列に並ぶのが嫌じゃないですか?

また、飛行機を降りて、預けた荷物が出てくるのを待っている時、わたしあの時間も嫌いです笑。

 


スーパーフライヤー会員をはじめ、プラチナやダイヤモンドメンバーにももちろん適応されるのですが、プライオリティタグというものをつけてもらうことができ、他の方の荷物よりも早く出てくるのです。

 

f:id:fp-r:20190203211527p:image

 

 この旅行の2大ムダ待ち時間を大きく短縮できるのが、ビジネスクラス・ファーストクラスに乗るか、SFC保有してスーパーフライヤーズ会員になるか、プラチナ、ダイヤモン ドの上級ステータスを持つことなのです。

 

 さらにさらに、スーパーフライヤーズ会員の魅力は、プレミアムエコノミーへのアップグレードです。残念ながらこちらのサービス2019年9月30日で終わってしまうのですが、 国際線搭乗の際、空席がある場合のみ、追加料金なくプレミアムエコノミーにアップ グレードしてもらえます!もちろん、エコノミークラスのチケット買った人が対象ですよ。

マイルや、アップグレードポイントを使ったアップグレードは、チケットの種別によりできないものがあります。同じエコノミークラスの席とはいえ、チケットのクラスがいくつ かに分かれており、安いチケットだとアップグレード対象外となってしまうのです。

 


ところが、スーパーフライヤーズ会員だと、どの運賃種別だろうが、空きがある場合はプレミアムエコノミー(以下プレエコ)にアップグレードしてもらうことができます!

 

f:id:fp-r:20190203211753j:image

 

プレミアムがついているとはいえ、どうせエコノミーでしょ、とお思いになるかもしれませんが、実際に座ってみると、シートの広さが違いますし、フットレストがついている場合もあるので、距離が長くなればなるほど、疲れ方が変わってきます。 料金もプレエコはエコノミーの2倍ぐらいはするのではないでしょうか。この差は大きいと思います。

 

f:id:fp-r:20190203211837j:image


私は今のところ勝率10割でプレエコにアップグレードしてもらっています。

こんな感じで、明らかに普通のエコノミーよりも広く、座席数が少ないです。機内食はエコノミーと同じですが、エコノミーの最前線ですので、CAさんが一番に来てサーブしてくれます。

 

ラウンジはこんな感じです。写真は、羽田空港国際線のANAラウンジです。

 

f:id:fp-r:20190203211507j:image
f:id:fp-r:20190203211654j:image
f:id:fp-r:20190203211707j:image
f:id:fp-r:20190203211703j:image
f:id:fp-r:20190203211658j:image

私は泡モノが大好きですので、スパークリングワインを飲みまくり、搭乗前からベロンベロンに酔っぱらいました。ラウンジに来るとなぜかカレーが食べたくなり、いつも食べてしまいます。

f:id:fp-r:20190203212154j:image


というわけで、私がツボにハマった部分のみ、スーパーフライヤーズの素晴らしさを書き綴ってみました。

 


ANAのプラチナ会員になれば発行することができるSFCカード、ハードルが高いように思えてしまいますが、特典を考えると、人生でたった一度、飛行機に乗りまくるという努力をしてみてもよいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

 

 


というわけで、今日はこの辺で。おやすみなさい。