ファイナンシャル・プランナー・アールのこれ欲しい!ここ行きたい!を叶えるブログ

ファイナンシャル・プランナーによる旅をお得にする方法 マイル、クレジットカードなど

消費税が10%に上がる!だから作ろうクレジットカード

みなさんこんばんは。ファイナンシャル・プランナーのアールです。

 

 

 

消費税が10%に上がる

f:id:fp-r:20190227173958j:image


消費税は、2019年10月1日に現行の8%から2%引き上げの10%に変更される予定になっています。

これに伴い、経済対策としてキャッシュレス決済へのポイント還元が導入される見込みとなりました。つまり、クレジットカードや、電子マネーのようなお金のやり取りがなくお買い物した場合、ポイントをあげますよ。ということになります。

 


これは、経済対策というか、激変緩和措置というか、「消費税を上げるからって買い控えとかはやめてね、ポイントあげるからお願い」って国民が政府から言われちゃっているわけです。

 


とはいえ、買い物を止めることができるのは自給自足ができる人ぐらいですし、せっかくポイント還元があるのですから、これまで現金派の方も、何らかのキャッシュレス手段を持ったほうが良さそうです。

 


キャッシュレス決済の種類

 


キャッシュレス決済の中には、クレジットカード、電子マネーQRコード決済などが含まれるようですが、どれも持ってない方もいれば、全部持っている方もいるでしょう。

しかし、これって結局キモとなるのは、クレジットカードだと思うのです。

 

電子マネー


電子マネーは、お金そのものをチャージしていけば、入れた分が限度額となり、使いすぎを防ぐことができますが、都度チャージするのが面倒です。

JR東日本suica東京メトロPASMO電子マネーの類ですが、駅の自動改札で、いちいち引っかかっている人、ちまちまチャージしてないで、お願いだからオートチャージにしてって思います。目の前の人が引っかかっちゃった時の残念さは想像以上ですよ。

当然ながら、オートチャージをするには、クレジットカードと紐づけておかないといけません。

 

QRコード決済


QRコード決済というのは、ちょっと前にバズッた paypayやLINEPayなどが主流で、新しいものもどんどん出てきていますが、これも結局は使った分の代金がクレジットカード経由で請求されるので、QRコード決済を使用する前にクレジットカードを登録しておかないと使えません。

 


というわけで、クレジットカードが嫌だとか、現金しか信用できないとか言っている場合ではなくなってきているのではないかと思うのです。

 


キャッシュレスが浸透する中国の事情

 


中国なんかは、ニセ札が多すぎて現金に対する信用がなくなってしまったため、今ではほとんど現金払いが廃れています。その代りに、爆発的に増えたのが「Alipay(アリペイ/支付宝)」とか「Wechatpay(ウィーチャットペイ/微信支付)」などのQRコード決済です。

日本のお店にも、中国人観光客向けに導入しているお店がありますので、PR用のステッカーを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 


このアリペイやWeChatPayが普及した背景には、現金の信用のなさもありますが、アプリを積極的に使うことにより、生活に大きな影響があるといったことが挙げられます。

中国では、これらのアプリを使うことにより集められた決済情報、または個人情報を分析し、AIが個人の信用を格付けをするシステムが導入されており、自分のスコアが高ければ高いほど多大なメリットがあります。

例えば、スコアが高い人の方が多く借入れをすることができたり、家を借りようと思ったときに敷金が不要になったりします。

こんなメリットがあるなら、QRコード決済の利用頻度をどんどん増やしたいと考えるのも当然かもしれません。

 


クレジットカードを持たないことによるデメリット

 


まあ、人間の信用力のスコア化が日本でも取り上げられるかどうかは知りませんが、似たような制度は当然あります。だけど、中国ほど必死さがないというか、そんなのがあることも知らない方が多いのが現状ではないでしょうか?

ですから、クレジットカードなんて無くっても困らない。ワタシ現金主義ですから。という方もご一読いただければと思います。

 

 

 

個人信用情報、いわゆるクレヒスが育たない

 


私たちがクレジットカードを発行して、利用して、銀行から引き落としされる、という一連のクレジットカードの返済履歴(クレジットヒストリー(クレヒス))は、個人信用情報センターに蓄積されており、その支払いがきちんと期日通りに済んでいるかどうかというのが私たち個人の信用の基準になっています。それを見た銀行、クレジットカード会社、消費者金融会社は、この人はしっかりとお金を返済できる人間なのか、信用できる人なのかということを確認し、新規のクレジットカードの発行や、借り入れの際の判断材料としているのです。

 


たとえば私が今月

楽天カードで 10万円利用して

Eposカードでは8万円利用して

Spgアメックスを新規発行した

 


なんていう一連の行動が私の個人信用情報として記録されています。

 

 

 

過去に返済の遅延が頻繁にあったりすれば評価にはマイナスにひびきます。きちんと期日通りに引き落としが出来ていれば高評価となり、住宅ローンや自動車ローンを契約する時に有利に働きます。

 

 

 

クレヒスがない人は評価しようがない

 

 

 

しかし、クレジットカードを一斎持ったことがない方は、この個人信用情報の履歴が一切ありません。

 


なので、金融機関が私たちの個人信用情報を確認しようとしても、真っ白な記録しか存在しないため、信用力がよくわからない状態となってしまいます。

 


結果、年齢によっては新規のクレジットカード作成時にも作りにくくなり、住宅ローンや自動車ローン等の審査に落ちてしまう…などのデメリットが生じてくるのです。

例えば、40歳でクレジットカードを持ったことがなくて、クレヒスが出来ていない方ってどんな印象を持ちますか?

もしも、40歳でクレヒスがまっさらな人と40歳でクレヒスが良好な方だったら、後者のクレヒスが良好な方にお金を貸したいです

わたしは、「これが普通」とか「こうあるべき」とかいうのは好きではないですが、クレヒスが良好な方にお金を貸すことは、企業としての当然なリスクマネジメントだと思います。

 


そもそも、どうしてそんな個人情報が第三者に漏れてるの?とお思いになるかもしれませんが、クレジット会社等へ申込みや契約をした際に、自分で信用情報機関への利用と登録の同意をしているはずです。契約書にごちゃごちゃ書いてあるのを見ていないだけです。

 

自分の信用情報は自分で確認できる


この情報は金融機関だけが見れるというわけではなく、CICというところから取り寄せれば、自分の個人信用情報を閲覧することができます。

気になる方は一度見てみると良いでしょう。

 

 

 

現在、自分の信用情報を確認するには、4つの方法があります。

 (1)パソコンで開示

 (2)携帯電話で開示 ※スマートフォンは不可

 (3)郵送で開示

 (4)窓口で開示

手数料は窓口だと500円、それ以外は1,000円です。

余談ですが、この手数料体系、ふつうPC,スマホの方が手数料安くなるもんじゃない?って思ってしまうのは私だけでしょうか。

 


下にリンクをはっておきますので、興味のある方は見てみてくださいね。

 

指定信用情報機関のCIC

 

 

 

 

キャッシュレス化を避けて通れない日本

 

おとなりの韓国は90%以上がキャッシュレス決済ですし、欧米諸国はクレジットカードやデビッドカードで支払うことが主流となっています。日本円は少し前にお札が刷新されましたが、透かしを入れたり、ザラザラさせてみたり、非常に偽造防止に力を入れています。現金の信用が厚いのと同じように現金信仰が根強い(クレジットカードなどが嫌いな人が多い)ため、なかなかキャッシュレスは浸透していきません。しかし、2020年の東京オリンピックでは、いろいろな国から大勢人がやってきます。外国人からしたら、現金を持ち歩くのは防犯上良くないですし、為替の手数料も気になります。現金社会の日本に不満が出るでしょうから、日本もキャッシュレス社会に向けて大きく動いていきます。

 


金融庁経済産業省は、クレジットカードなどでお金を払うキャッシュレス決済比率を10年間で40%に引き上げる。東京や京都といった訪日外国人が多く集まる都市にある宿泊施設や商店街、観光地で決済端末を完全配置するようにし、設置への支援の枠組みを新たにつくる。米国並みの水準への引き上げで、現状から2倍に増やす。IT(情報技術)と金融を融合したフィンテックを活用して利便性を高め、消費喚起にもつなげる。

2017/5/31 23:25日本経済新聞 電子版

 


だから、作ろうよ。クレジットカード

 


というわけで、前置きが長くなりましたが何が言いたいかというと、「一つぐらいクレジットカードを持っておきましょうよ。」ということです。

 

 

 

クレジットカードの選び方

 


クレジットカードは、「いかに生活に密着したものを選ぶことができるか」ということに尽きると思います。

たかがクレジットカード、されどクレジットカードです。大いに家計の助けになるという場合もあれば、ちょっときれいなお姉さんの前でカッコつけたい時など、あらゆるシーンでのエッセンスになります。

 


そのへんのところを、考察していくために、「ファイナンシャル・プランナー アールのクレジットカード紹介コーナー」を設けようと思います。今後記事を更新していきますのでぜひご覧ください。

 

それでは今日はこのへんで。おやすみなさい。